top of page
名称未設定-2_アートボード 1.png
ホーム: ようこそ!

NEWS

2024年6月16日

玄米王2024の生産者エントリー受付開始について、日本農業新聞にて記事掲載されました。

2024年6月3日

第二回 玄米限定・土鍋炊飯食味グランプリ「玄米王2024」生産者のエントリー受付を開始しました。

2024年5月27日

原種・在来種米穀店「いちたね」オープン!

ホーム: サービス
IMG_5417.JPG

株式会社Replow

新進気鋭の東京の米屋 

お米のこと、ご相談ください。​

​< 五ツ星お米マイスターProf.​ / 米・食味鑑定士 >

米の提案・販売・ブレンド

小野寺 理騎2

「五ツ星お米マイスター」と「米・食味鑑定士」の資格を有し、産地や品種の特徴を活かした原料の調達、料理に合わせたお米の提案、オリジナルブレンドの開発などお気軽にご相談ください。食味審査のご依頼も可能。

企画・プロデュース

お茶碗

お米を中心とした「食」や「農業」に関する企画・プロデュースを通し、地域と人の魅力を「食」で最大限に引き出し、地域が抱える様々な問題を多角的なアプローチから解決に導きます。

 

商品開発・デザイン制作

お米デザイン

米の価値をさらにレベルアップする商品開発やブランディングのご提案が可能です。またパッケージデザインやサイト制作、ECサイト運用、一次産品の加工・OEMなどもお手伝いします。

その他、全国各地の産地・生産者との繋がりを活かした様々な取り組みが提案可能です。

全国各地 毎年100軒以上の農家さんを訪問し年間200種類以上のお米を食味鑑定しています。

ご飯

五ツ星お米マイスター、米・食味鑑定士として、全国各地を周り美味しいお米を作る生産者を発掘。令和5年産は122軒の農家さんを訪問。北海道から鹿児島まで200種類以上の食味鑑定を実施し、作り手ごとの食味の違いを把握することで、販売店や食関連企業それぞれに適したお米の提案を行っています。

お米のご購入はこちら

キービジュアル
有機栽培米・自然栽培米専門店
Natural Farming

化学農薬・化学肥料・家畜由来の堆肥を使わないナチュラルで地球にも美味しいお米を販売しています。人だけが美味しい世界は永遠には続かない。地球にも美味しいお米は「より自然に近いお米」のはず。私たちは未来を繋ぐ米作りを選びます。

玄米王
旨い玄米専門店

玄米王 米穀店

全国各地の生産者が丹精込めて作ったお米の頂上を決める玄米限定・土鍋炊飯食味グランプリ「玄米王」において受賞したお米を中心に、自信を持って今年いちばん旨い玄米といえるお米を取り揃えております。玄米の概念を覆す濃厚な旨味・食感をお楽しみください。

tpp_pc.jpg
原種・在来種米穀店

いちたね

人の手で紡がれてきた品種であることを前提に、原種や在来種に近い昔ながらのお米をだけを取り扱い、種の刻んできた背景とともに滋味深い味わいを噛み締めていただきたいと考えています。 農薬・化学肥料は一切使用せずに育まれた特別なお米ばかり。

IMG_8656.JPG
7_アートボード 1.jpg

​産地巡り旅

Farmer Visits

メディア・講演実績

Media appearances

小野寺 理騎3

お米の専門家として出演しました。今回番組でご紹介されたのは、新潟県南魚沼市の石打丸山スキー場で、ブランド米「南魚沼産コシヒカリ」の稲穂をスキーのリフトにつるすことで乾燥作業を行う「天空米」です。

日本テレビ「一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!」

イメージ

週刊誌「女性セブン」特集ページに掲載されました。米のプロたちがガチ採点「パックご飯ベスト88」にて、審査員を担当させていただき、50種類以上のパックごはんを食味鑑定しました。

週刊誌「女性セブン」特集ページに掲載されました

小野寺 理騎4

JAみなみ魚沼青年部が主催する「南魚沼産コシヒカリ食味コンテスト」の最終審査会にて審査員を務めさせていただきました。全国的にも非常にレベルの高いお米のコンテストにて審査・講評させていただきました。

「南魚沼産コシヒカリ食味コンテスト」審査員

小野寺 理騎5

11月19日 に開催された北杜市フードバレー協議会主催・第2回北杜市「名水の里」米食味コンクールの最終審査会審査委員長を務めました。​お米の食味評価、北杜市における米作りに関して講評をさせていただきまいした。

「名水の里」米食味コンクール最終審査会 審査委員長

小野寺 理騎1
小野寺 理騎

五ツ星お米マイスター/米・食味鑑定士

稲の美しさに見惚れ学生時代は農学・稲作を専攻。JAやお米の通販企業にて、産地の新規開拓や販売促進に関する事業を担当。その他、お米の食育イベントや輸出事業、お米コンテスト企画などの企画を多数手がける。2020年に独立し、全国各地を周り美味しいお米を作る生産者を発掘し、売り上げ拡大へ向けた支援する傍ら、複数社のネット通販事業部において事業拡大・売上向上を目指したコンサルティング活動を行う。他、「農業」「食」など幅広い領域で活動。

耕す

Company

​会社概要

株式会社Replow(リプラウ)

代表取締役 小野寺 理騎

住所

〒107-0062 東京都港区南青山二丁目2番15号

ウィン青山942

TEL

03-3667-7310

 

設立

2020年12月16日

事業内容

・米および関連商品の販売

・商品開発、コンテンツデザイン

・企画、プロデュース

・PR、販売促進サポート

・サイト制作、ECサイト運用

​・デザイン製作

主要取引先

​株式会社ツナギ

株式会社Tokyo Bento Labo

​株式会社梯

株式会社NEW GREEN

主要取引銀行

三菱UFJ銀行 青山通支店

ホーム: 概要

​講演・出演・審査のご依頼はこちら

送信が完了しました。

bottom of page